感染症便り 感染症だより(11月5日~11月11日)

RSウイルス感染症が流行中です。溶連菌感染症が増加中です。

感染性胃腸炎が増加してきています。全国的に風しんが流行しています。

RSウイルス感染症の流行が続いています。郡山市内からの報告は減ってきていますが、県全体では流行のピークであった9月上旬の報告数の半分以下ではありますが、なかなか減りません。昨シーズンは寒くなるともに減少しましたが、まだ注意が必要です。高熱とともに咳がひどく、ゼイゼイと呼吸が苦しくなります。1歳未満の乳児がかかると重症になることが多く、入院して酸素の吸入を必要とすることもあります。

溶連菌感染症は小流中ですが、増加傾向にあります。熱が出てノドが真っ赤に腫れ、舌がイチゴのようになります。全身に細かい発疹が出る事もあります。ノドの検査ですぐに診断ができます。この病気は細菌による感染症なので、抗生物質が効きます。ただし、腎臓や心臓の合併症を防ぐために長く飲む必要があります。

感染性胃腸炎が増加してきています。突然のおう吐から始まり、発熱し下痢をします。水分の補給の仕方の工夫が必要になります。吐き気が強い間は何も飲ませないほうがよいでしょう。少し吐き気がおさまってきたら少量づつ根気よく時間をかけて水分や塩分を補給します。最初の量は1回に15ml以上は与えないようにして、5分毎に同じ量を飲ませていきます。焦っていっぺんにたくさん飲ませないことが肝心です。

インフルエンザの報告が県内で散発的にあります。先週郡山市内の定点からの2例の報告がありました。全国的に、風しんが流行しています。県内では今年7例の報告があります。妊娠初 期に風しんに感染すると生まれた赤ちゃんに難聴や心疾患等の障害を引き起こします(先天性風しん症候群)。予防にはワクチン接種が最も有効です。

(11月14日)

福島県内の感染症発生状況は以下の福島県感染症情報センターの発表をご覧ください。

297245

感染症便り 感染症だより(10月29日~11月4日)

RSウイルス感染症が流行中です。ヘルパンギーナは減少中です。

溶連菌感染症が増加中です。全国的に風しんが流行中です。

RSウイルス感染症の流行が続いていますが、流行のピークであった9月上旬の3分の1位になりました。昨シーズンは寒くなるともに減少しましたが、まだ注意が必要です。高熱とともに咳がひどく、ゼイゼイと呼吸が苦しくなります。1歳未満の乳児がかかると重症になることが多く、入院して酸素の吸入を必要とすることもあります。

夏かぜの代表的な病気であるヘルパンギーナが流行はようやく終息しそうです。突高熱が出て、のどの奥に小さな水ぶくれが出来るので、のどを痛がります。小さい子はヨダレが多くなったりします。ウイルスの感染症ですので抗生物質は効きません。

溶連菌感染症は小流中ですが、増加傾向にあります。熱が出てノドが真っ赤に腫れ、舌がイチゴのようになります。全身に細かい発疹が出る事もあります。ノドの検査ですぐに診断ができます。この病気は細菌による感染症なので、抗生物質が効きます。ただし、腎臓や心臓の合併症を防ぐために長く飲む必要があります。

インフルエンザの報告が県内で散発的にあります。先週郡山市内の定点からの1例の報告がありました。全国的に、風しんが流行しています。県内では今年7例の報告があります。妊娠初 期に風しんに感染すると生まれた赤ちゃんに難聴や心疾患等の障害を引き起こします(先天性風しん症候群)。予防にはワクチン接種が最も有効です。

(11月9日)

福島県内の感染症発生状況は以下の福島県感染症情報センターの発表をご覧ください。

296478