おしらせ   子宮頸がんワクチン接種を逃した方へ(平成9~平成19年度生まれの女性の方へ)

キャッチアップ接種について

子宮頸がんワクチンは平成25(2013)年から定期接種ワクチンに組み入れられました。しかし、接種後に生じる多様な症状等について十分に情報提供できない状況にあったことから、個別に接種をお勧めする取組を一時的に差し控えていました。「積極的勧奨の差し控え」その後、安全性に問題ないことが確認され、令和3(2021)年11月の専門家の会議で、安全性について特段の懸念が認められないことがあらためて確認され、「積極的勧奨の差し控え」が取り下げられ、普通に個別に接種ができるようになりました。
ただし、平成25(2013)年から令和3(2021)年の期間(「積極的勧奨の差し控え」の時期)に、ワクチンの接種機会を逃した方がいます。こうした方に、公平な接種機会を確保する観点から、定期接種の対象年齢以外の方に、あらためて公費での接種の機会を提供しています。これがキャッチアップ接種です。

キャッチアップ接種は令和7年3月末で終了します。

キャッチアップ接種の対象者は、平成9年度生まれ~平成19年度生まれ(誕生日が1997年4月2日~2008年4月1日)の女性です。
ワクチンは3回接種します。1回目から3回目まで最短で6か月の間隔が必要です。1回目の接種が9月過ぎると規定の回数が受けられなくなりますのでご注意ください。

まだ接種をしていない方は、1回目の接種を9月末末までに済ませてください。